プログラミングやブログでも億劫にならないIT環境は重要

スポンサーリンク

私は趣味でプログラミングとブログ書きの割合を95%:5%くらいの割合で行っていますが、IT機材に投資してから一気に効率が上がりました。それまで面倒だなと思っていたことが億劫にならなくなったのです。

第一に指にやさしいキーボード

これが一番大きかったです。今まではパソコンを買うと標準で付いてくるようなキーボードを使っていましたが、RealforceのAll30グラムキーボードを使うようになってからキーボードを打つのが苦でなくなりました。気軽にプログラミングを手をつけることができるようになりました。

第二に広いモニタ3枚

プログラミングをするなら中央のモニタにVisualStudioをフルスクリーンで表示します。

そして左の画面にはデバッグ時に表示されるWindowsや、WebアプリケーションであるならFirefoxなどのリンクされたブラウザを表示させます。

そして右の画面には情報検索の手段としてのブラウザを表示させます。C#のClassリファレンスの表示、プログラミングのテクニックをGoogleで検索するときに右側の画面を使います。

そして出てきた情報を見ながら中央の画面でプログラミングするわけです。

画面が2枚より3枚あると劇的に作業効率が上昇します。

ブログを書くなら中央にWordPressを開いたブラウザを表示します。そして左のモニタで画像を切り抜いたり編集してWordPressでアップロードする画像を作成します。右のモニタでは情報検索をしたり新聞のサイトを開いたりソースとなるようなPDFファイルを開くなどして、ブログの元ネタになる情報をブラウザで開いておきます。それを見ながら中央のモニタで記事を書くことができます。

あと海外の安いモニタではなく国内のフリッカーフリーとブルーライトカット、さらには昇降スタンド付きで高さが調整できて姿勢をよくできるものを買いましょう。目が疲れにくいモニタを選ぶことはとても重要です。

第三にハイスペックPC

パソコンが少しでも遅いと感じたらパソコンそのものに投資しましょう。

まずはSSDにすることを予算配分で最優先します。次にメモリは16GB以上がおすすめです。

SSDは7000円もあれば東芝製が買えますし、メモリも16GB1枚モジュールが6000円代まで下がっています。あとはCPUにどれだけ資金をつぎ込めるかです。

プログラムを開発する段階やブログを書くくらいならcore i7 6700Kで十分でしょう。

パソコンは自作すればマウスコンピュータで買うより5~7万円ほど安く仕上げることができます。

非常に重たいタスクを常時稼働させるなら6700Kの上位としてXeonマシンを組む手もありますが、Webアプリケーションのプログラミングくらいなら6700Kもあれば十分だと思います。

良いキーボード、十分に広い画面3枚、ハイスペックPCが揃えばプログラミングもブログも苦なく取り組むことができるでしょう。

スポンサーリンク