ProLite XB2481HSU-B1を購入して2ヶ月経った感想

スポンサーリンク

2016年5月現在でKakaku.comの液晶ディスプレイ売れ筋ランキング6位になっているIIYAMA ProLite XB2481HSU XB2481HSU-B1を2ヶ月間使用してみた感想です。

おすすめ設定も掲載しています。

まずi-Style Colorは使用していません。これはブルーライトカットモードと併用ができないためです。私はブルーライトカットモードのほうが目が疲れにくいのでブルーライトカットモードを使用しています。

左から2番めのEXITボタンを長押しするとブルーライトカットモードがでてきますが、これはモード3にしています。モード3は最もブルーライトをカットするモードなので、全体として赤みがかった色になります。

逆にブルーライトカットを一切使わないといかにも明るい白といったものになります。これはかなり眩しく感じます。

そして輝度の設定を変更しています。初期設定の100だとまぶしすぎるので輝度は70に下げています。

コントラストは100にしています。

また本機にはエコモードがありますがこれは輝度を30に下げるものです。輝度30ではさすがに暗く感じます。文字を読むのには暗すぎて使い物になりません。

そのためエコモードはオフにして自分で輝度を下げるのがおすすめです。

本機のデメリットは室内の明るさに応じて輝度を自動調節する機能がないことです。室内が暗ければ自動的に暗くする機能があるのはEIZOのモニタの特権と言えます。

またDisplayportがないのは不便です。DVIかHDMIに変換しなければなりません。

私は本機をもう一枚買って既存のものと合わせて左右に設置、EIZOの1920×1200を一台買って中央に配置してトリプルディスプレイにする予定です。現在は以前からあるディスプレイを使ってデュアルディスプレイにしていますが、画面の広さは作業の効率性に直結するのでもう一枚買いたいと思っています。

スポンサーリンク