おすすめケースファンの比較 静音実測値と風量性能でメーカー評価

スポンサーリンク

ケースファンは最低でも12cm、できれば14cmあるのが理想です。直径が大きければ大きいほど低い回転数で大きい風量が得られるので静音化できるからです。

また同じ回転数なら直径が大きいファンほど風量が増えます。静音ではなく冷却重視の場合も直径が大きいファンの方が有利です。

取り付けることができるケースファンの直径は使用するPCケースで決まってしまいます。フロントファンは14cmが取り付けられるケースが多いですが、リアファンの場合は大型ケースでも12cmファンまでしか取り付けられないものが多いので注意です。

また水冷CPUクーラーを使うのなら、水冷CPUクーラーのラジエータファンをケースファンの役割も兼務させることができます。

14cm

14cmファンは個人向けPCケースファンの中では最大直径といってもいいでしょう。中にはThermaltakeのCoreV1やCoreV21ケースのように20cmファンが付いているものもありますが例外です。

1位 Corsair コルセア

・ML140 PRO 毎分400~2,000回転、公称ノイズ16~37dB、実測ノイズ9~26db

2016年8月発売の高級ケースファンです。5年も保証がついているのはケースファンではなかなかありません。

このファンのいいところは400RPMという低速から2000RPMという高速まで幅広く調整ができることです。公称でノイズレベル16dbはかなり低いレベルです。

実際のノイズはこれよりも低いようです。400RPMほどでノイズは約9dbほどであるとこちらの動画で実測されています。左下に表示されているデータシートを見るとわかります。

私は今年組む予定のFractalDesignCore500の標準搭載ケースファンをこのCorsair製のファンに取り替えるつもりです。

このファンは4つのバリエーションで発売されています。

・・ML140 PRO CO-9050045-WW

これが一番おすすめです。なぜならLED搭載モデルより安いことと、さらにはLEDのようなギミックが付いているものよりかは付いていないほうが故障率が下がるからです。ファンそのものの故障と、LEDの故障の両方が可能性としてあり得るので、LED故障が単なる点灯せずで終わってくれればいいですが過電流になるなど実害があるのならファンごと取り外すしかなくなります。よって私はこのLED無しバージョンをおすすめします。

・・ML140 PRO LED Blue CO-9050048-WW
・・ML140 PRO LED White CO-9050046-WW
・・ML140 PRO LED Red CO-9050047-WW

2位 CRYORIG クライオリグ

・QF140 SILENT

第3世代のXeon Phiマシンを組むときには私はこのファンをケースに付けようと考えています。

静音タイプ

3位 三洋

4位 Thermalright サーマルライト

14cm 薄型タイプ(厚さ15mm以下)

小型ケースに大型ヒートシンクのCPUクーラーなどを組み込んでいると、ヒートシンクがリアケースファンとぶつかり干渉することがあります。

大半のケースファンは25mmの厚みがあるので、これを15mm以下の薄型ケースファンに取り替えるだけで干渉を回避できることが多いです。

また大型CPUクーラーだと高さが15~16cmあり、ケースファンを天板(トップ)に取り付ける場合にこれまた干渉しやすいので、その場合も薄型のケースファンにすることでCPUクーラーとの干渉を回避することができます。

1位 Thermalright

あまりにも品薄で、Amazon.co.jpでもAmazon.comでもプレミア価格になってしまっているケースファンです。

2位 クライオリグ

スポンサーリンク