PCI Express接続のおすすめ高速SSD比較とメーカー評価

スポンサーリンク

【4TB】

以下解説する通りまだ4TBSSDとしては現実的な価格で手に入るものや個人向けパソコンに接続しやすいものが出揃っていません。また両者とも日本では出回っていないのでAmazon.comから個人輸入する必要があります。

・NVMe PCI Express直挿しタイプ

Intel DC P3608シリーズ

2016年に発売されたSSDであり、容量速度ともに現在トップを走っています。その代わり価格は100万円近くします。とても一般人に手が届くものではありません。米国でも買ってる人は少ないようなので今は買うべきではないでしょう。

DCとはDataCenterのことでレンタルサーバー会社や総研のようなSI企業が使うようなものです。

・SAS接続タイプ

Sandisk Optimus MAXシリーズ

こ れもIntelと同じく一般的とは言えません。Intelのは高いもののPCI Expressに挿せるので一般的なパソコンでもいいですが、このSandiskのものはSASというSCSI接続なのでなおさら個人向けパソコンに付け るものとしては一般的ではありません。

【1.2TB】

NVMe PCI Express接続タイプ

・Intel 750シリーズ

1.2TBのSSDがこれはマウスコンピュータなどのワークステーションモデルのPCでは採用されていたりします。

しかし最近はこのSSDは品薄であり現実的ではありません。より容量の少ない800,400GBタイプなどを考えたほうがいいです。

【1TB】

1位 Intel

・Intel 750シリーズ PCI Expressスロット直挿しタイプ

・Intel 750シリーズ  2.5インチU.2接続タイプ(エンタープライズ向け)

2位 Plextor

3位 OCZ(東芝グループの米国企業)

OCZは米国の企業で東芝のグループ企業なので搭載siteiruNANDチップは東芝製です。

・RD400A RVD400-M22280-1T-A

【512GB】

・Intel 750シリーズ

こ のSSDは2.5インチですがSATAではありません。NVMe U.2接続なのでPCI Expressにカードを挿してU.2接続に変換しなければなりません。よってこれもどちらかというと玄人向けです。手軽にNVMeをする場合はPCI Expressスロットに直挿しするタイプか、M.2タイプの方がいいでしょう。

・Plextor

スポンサーリンク