4K対応、3~4画面対応のファンレスor静音グラフィックボード

スポンサーリンク

以前7万円でSkylake Core i7 6700Kマシンを組んだと掲載しましたが、グラフィックボードは購入していません。

オンボードグラフィックスで現在トリプルディスプレイにしています。

採用したマザーボードがAsrockのH170M Pro4であり、このマザーボードは3つまでデジタル出力に対応しています。

ですが4Kでデジタル出力4枚以上するとなるとオンボードグラフィックスでは無理です。グラフィックボードを買う必要があります。

私がPCを購入するときのコンセプトとしては無音か静音なので、グラフィックボードを搭載しつつ無音を達成するための選択肢は限られてきます。

ファンレスかつ4K対応グラフィックボード

ファンレスかつ4Kに対応しているグラフィックボードはほとんどありません。

NE5105T018G1-1070H (GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX) [PCIExp 4GB]

2017年3月にGe Force GTX 1050Tiを採用したファンレスグラフィックボードが発売されました。台湾のPalit(パリット)社の製品です。

以前でていた750Tiのファンレス版の後継モデルだと言えます。

今回もドスパラのみでの販売になっています。

980の性能を超えつつもファンレスというのは非常に価値が高いです。

残念なのは4画面出力対応ではないことです。3画面までです。さらに出力端子はDVIとHDMIとDisplayportが各一つずつのみであり、Displayport3つではないところも残念な点です。

GeForce GTX 750 Ti KalmX (2048MB GDDR5) NE5X75T00941-1073H [PCIExp 2GB]

現在はもう手に入りにくい製品となってしまいましたが、そこそこ性能が良くてファンレスだったのがNVIDIA GeForce GTX 750 Tiを採用したものです。

これはファンレスグラボとしては結構有名だと思います。

この製品の欠点は3つまでの出力しか対応していないこと。さらにDisplayPortがないということです。

60FPSや4K解像度、さらにデジタル音声も転送できるという点ではDisplayPortが最も高性能です。だからできればすべてDisplayPortであって欲しいのですがファンレスではそのようなものはありません。

4Kでなくてもいいのなら2007年くらいに発売されたMatroxあたりがありますが、2016年になってまでそのくらい前のチップを買う気にはどうもなれません。

ファンがついてても密閉度の高い静音ケースで解決

そこで密閉度の高い静音ケースを採用してグラフィックボードのファンが回っても静かに抑えることを優先するという方法があります。この方法が現在は本流であり最も現実的で支持を得ている方法だと言えます。

これは密閉や静音を全面に押し出しているケースを購入する必要があります。

私の場合はグラフィックボードとしてQuadro M5000を採用するのがベストだと考えています。なぜなら私はゲームをやらないので金融分野で使うようなグラフィクス処理ができれば十分だからです。Matroxでもいいかもしれませんが最近Matroxで良さそうな製品がないのでNVIDIAのQuadroシリーズに目をつけています。

QuadroM6000ではなくM5000である理由は、M5000はTDPが150Wに抑えられるからです。M6000になると250Wまで上がります。消費電力あたりの性能で考えるならM5000の方が分があり、さらに私はファンレス無音電源であるSilverStoneの520Wファンレス電源で賄いたいと思っているのでTDP250Wのグラフィックボードは消費電力的にきついわけです。

XeonプロセッサでさえTDP130Wくらいですから、ファンレス無音電源である520Wでは無理があります。

ゲームをやる方なら980tiで良いでしょう。最近1080も発表されましたからこれらもファンが回っても静音ケースなら気にすることはないです。

ファンレスグラフィックボードでもケースファンは回す

注意しなければならないのはファンレスグラフィックボードを付けた場合でもケースファンは回すべきだということです。

ファンレスCPUやファンレスグラフィックボードというのは放熱されたものがしっかりケース外に出てくれることを前提としているので、ケース内に熱がこもることが最もよくありません。

どうしてもケースファンを回したくないようだったら、穴だらけのケースかつ相当容量=ケース体積が大きいものを選ぶ必要があります。つまりほぼむき出しと同じ状態を作るということです。

ファンを一切つけない場合にベストなのはケース無しでむき出しで設置することです。これが最も冷却性能が高いでしょう。ケースに入れるとしたら必ず背面ファンは回します。

スポンサーリンク