【2019年最新版】ゲーム用おすすめグラフィックボードの比較  RTX2080Ti,2080,2070, GTX1660TiのTuring世代から1080Ti,1080,1070,1060のPascal世代まで横断評価

グラフィックボードについては大半の人がゲーム用に関心があると思うので当然ゲーム用途を前提としたグラボ評価を行っていきます。

一方でグラフィックボードというのはメインのホストプロセッサ(core i7など)の性能のみでは足りないときに、グラボを「コプロセッサ」として使う深層学習や金融分析などの科学技術計算分野でも重要視されています。ゲーム用途に比べたら遥かに少数派でしょうが、一応そのような科学技術計算の観点からの評価はこちらに分けて掲載しています。

グラフィックチップのインデックス:

1位 NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti

単精度13.4TFlops TDP250W

2018年発売のTuring世代ゲーム用グラボの中で上位に位置するモデルです。これより上にTITAN RTXがありますが、TITAN RTXはチップ面積を増やしてコア数を増やしているため歩留まりが悪化し価格が非常に高くなってしまっています。コア数を増やして、コア数を絞り1コアあたりの動作周波数を上げた「オーバークロック版の2080Ti」のほうがTITAN RTXよりもゲームのフレームレート(fps)が向上します。

GeForce RTX 2080 Tiチップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

2位 NVIDIA GeForce RTX 2080

単精度10.0TFlops TDP215W

CUDAコアを2,944コア搭載したTuring世代グラボです。レイトレーシングコアやテンサーコアを搭載してしまったことにより、ゲーミング用に割り当てる演算回路のチップ上面積が減ってしまい、ゲーミング性能に関しては先代のGTX1080Tiと同程度に留まってしまいました。

とはいっても現在の価格は1080TiよりもRTX2080のほうが安いです。1080Tiは生産を終了し品薄になってしまったためであり現在は2080が主流です。

しかし1080Tiを使わず1080で済ませているプロゲーマーが多かったことから、RTX2080の性能は必要なくRTX2070で十分なケースもあります。

ゲームは画質設定を最低にしたほうが視認性がよくなるため、プロゲーマーでも1080を使い1080Tiを使わない人は多かったです。

TwitchやYoutubeでストリーマーとして配信するのなら見栄えにこだわるため高画質設定でもフレームレートが落ちにくい2080Tiや2080を買うのもありでしょうが、単にフレームレートを高くしゲームでの優位性だけを追求するのなら低画質設定でRTX2070でも十分です。

GeForce RTX 2080チップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

3位 NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti

3,584コア単精度10.8TFlops、倍精度0.36TFlopsTDP250W

1080Tiは2017年発売でもうかなり古いグラボチップですが、2018年発売のRTXシリーズが大コケしたため消去法的に価値あるグラボになってしまいました。

特に2018年発売Turing世代のRTX2080Tiは1080Tiに毛が生えた程度のベンチマーク性能しかなく、その後発売されたTuring世代のフラッグシップモデルTITAN RTXにいたってはオーバークロックしたRTX2080Tiにも負けてるということで、さらに1080Tiの価値が高まってしまいました。

残念ながら1080Tiは生産終了した上に正規品の新品は既に在庫が切れているため、高額な転売品を選ぶしか手がないので、それなら新品のRTX2080Tiを正規で購入したほうがいいという状況です。本来ならこのレイトレーシング対応という大ミスをしたNvidiaの失策をチャンスとみてAMD Radeonが追撃するところですがRadeon VIIにはそれだけの力がなかったので、Turing世代の次がでる2020年4月までは2018年発売のRTX失敗作を選ぶしか無いのが現状です。

GeForce GTX 1080 Tiチップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

4位 NVIDIA GeForce RTX 2070

2,304コア 単精度7.465TFlops TDP175W

RTX2070はGTX1080を上回る性能を有している上にそれなりに安いので人気のあるモデルです。全長16cm程度のヒートシンクとファン×1でも冷やし切れるため、全長170mm以内に抑えたMini ITXマザーボードからはみ出さないタイプのショートタイプグラボが存在するのも2070のメリットです。

大多数のゲームにおいては下記のRadeon VIIよりもこちらのRTX2070のほうがフレームレートが高くなる上にこちらの2070のほうがRadeon VIIより安いため2070をおすすめします。

GeForce RTX2070チップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

5位 AMD Radeon VII

Radeon VIIは2019年2月発売のGPUですが、2017年3月発売のGeForce GTX 1080Tiのゲーム性能を大幅に下回っています。2016年発売のGTX1080よりは性能は上です。しかしRadeon VIIは10万円近くするので、6万円程度だったGTX1080に比べたらコストパフォーマンスは圧倒的に悪いです。

Radeon VIIは2019年発売のGeForce RTX 2070と性能がほぼ互角です。ただしそれはレイトレーシング非対応ゲームに関してはほぼ互角というだけです。もしレイトレーシング対応ゲームで評価するとなると、Radeon VIIはRTX2070よりも大きく劣ります。

つまりRadeon VIIを買うなら1080TiかRTX2070を買ったほうがお得です。ただし1080Tiは既に品薄で手に入りづらいので、RTX2070が選択肢になります。RTX2070のほうが数万円程度安いので、合理的に判断するならばRadeon VIIよりもGeForce RTX2070のほうが得です。

それでも業界1位を嫌って業界第2位を応援したいユーザはこのRadeon VIIを選ぶようなので、合理的判断を抜きにして「AMDが好きだから」という判官びいきで買うのならRadeon VIIはおすすめだと思います。

特にApexLegendsに関してはRTX2080無印を上回るフレームレートを叩き出しています。他のゲームだと微妙ですが、PUBGからApexへごっそり移動した現在ではPUBGのフレームレートは無視していいでしょうし、Apex重視ならこのRadeon VIIで十分です。

Radeon VIIチップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

6位 NVIDIA GeForce GTX 1080

2,560コア 単精度8.228TFlops、倍精度0.257TFlops TDP180W

TDPが180Wあり、1070の150Wよりも30W発熱量が多くなっています。1080は事実上Pascal世代最高性能のグラフィックボードです。実は1080Tiよりも1080のほうが高性能になる(例えばゲームにおいてフレームレートが高くなる)ことが多々あります。その理由として1080はコア数こそ1080Tiより少ないものの、動作周波数は1080のほうが高いからです。

この1080は980Tiと比較してどうなのかという有名な論点があります。これについては答えが出ています。基本的にグラフィックボードはCUDA Coreと呼ばれる整数・浮動小数演算器のコア数が多ければ多いほど速くなります。1080はコア数が980tiよりも少ないことが、「1080よりも980tiの方が速い」と一部の人達から未だに言われている根拠です。しかし、1080はコア数を減らした上で動作周波数を上げたので980Tiより高速になっています。この動作周波数が上がったことが1080が980Tiより高速になった一つの理由です。現在流行りのマルチコア化は「周波数を下げる」ことと「コアを増やす」ことを同時にやることです。ですが1080では少し逆戻りし、「周波数を上げて」「コアを減らす」ということをやりました。なぜこのようなことをしたかと言えば、多すぎるコア数を使い切れるゲームがないからです。それならば余分なコアを削って、その余裕ができた分だけ動作周波数を上げたのが1080です。

動作周波数を上げると1クロックあたりに電気信号が進める長さが短くなってしまい技術的に難しいのですが、コア数を減らすことで1080は動作周波数を上げることに成功しました。

1080が高速になったもう一つの理由は、「倍精度」浮動小数点演算のコアを削って、その分だけ「単精度」浮動小数点演算のコアを増やしたことです。ゲームというのは「単精度」浮動小数点演算が重要であり、「倍精度」はそこまで必要としません。科学技術計算が「倍精度」かそれ以上を要求するのとはゲームは違うわけです。ゲームでは64ビット用いる倍精度浮動小数点演算よりも、32ビット単精度浮動小数点演算用の演算器に半導体チップ面積を大きく割り当てた方が速くなるので、1080ではそのような最適化をしました。

つまりはゲーム用途に徹底的に最適化したものが1080だと言えます。

GeForce GTX 1080チップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

7位 NVIDIA GeForce GTX 1070

1,920コア 単精度5.783TFlops、倍精度0.181TFlops TDP150W

Displayport 4K対応。HDMI2.0対応。PCI Express 3.0 x 16。最大同時表示画面数4画面。

1070になるとTDPは150Wになり、1060より発熱量が30W上昇します。しかしこれはあまり大きな上昇幅ではありません。1050Tiの75Wから1060の120Wのほうが大きな上昇幅です。

GeForce GTX 1070チップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

8位 NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti

1,536コア 単精度5.437TFlops、倍精度0.1699TFlops TDP120W

2019年発売なのに2016年発売のGTX1070無印よりもゲーム性能が低い微妙なチップです。レイトレーシング専用の演算回路が非搭載である点は評価できますが、レイトレーシングコアを削った割には性能が伸びていません。RTX2080Tiからレイトレーシングコアやテンサーコアといった一般的なゲーマーに不要な演算回路を全面的に削り、その空いた面積をゲーム用の演算用回路に置き換えたチップがリリースされるまで待ったほうがいいくらいの出来です。

GeForce GTX 1660 Tiチップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

9位 NVIDIA GeForce GTX 1060

1,280コア 単精度3.855TFlops、倍精度0.120TFlops TDP120W

1060は1050Tiと比較してだいぶ高性能になりますがTDPが一気に120Wまで増えます。1050Tiが75Wであることと比較するとかなり大きい発熱量です。

1060のようにTDP120Wになるとグラボ単体でのファンレス化は難しく、ファンレスの1060グラボは売られていません。ただし1060をファンレスで冷やすためのPCケースは発売予定があります。オランダStreacom社のDB6という製品であり1060の熱をケース側面まで運びファンレスで冷やすことができます。2017年6月に発表されましたがケースは未発売です。

無音のファンレスまでいかなくても、静音化にこだわるならElsaジャパン製のグラボがおすすめです。

GeForce GTX 1060チップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

10位 NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti

768コア 単精度1.981TFlops、倍精度0.062TFlops TDP75W

Displayport 4K対応。HDMI2.0 4K対応。最大同時表示画面数3画面。PCI Express 3.0 x 16

1050TiはTDPが75Wであり1060の120Wと比べてかなり低くなっており補助電源が不要です。そのため1050TiはファンレスGPUとして用いられることが多いです。

特殊なケースの力を借りずに、グラボ単体でファンレスにできてかつ最も高性能なものはこの1050Tiになります。

グラボ単体でのファンレスとしては台湾Palit社が製造し日本のドスパラが販売するKalmXシリーズが有名です。ドスパラから売られているNE5105T018G1-1070H (GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX)は1050Ti搭載グラボの中でも特におすすめです。

また1050TiはオランダStreacom製のファンレスケースでも冷やすことができます。

例えばStreacomのMini ITXケースDB4が該当し、このケースはTDP75Wまでのグラボをファンレスで冷やすことができます。グラボの熱をヒートパイプでケース側面まで運び、ケース自体をヒートシンクとして冷却するタイプです。これが1050Tiでなく1060になってしまうとTDPが120Wと急増するため一気に難しくなります。

1050Tiは比較的容易にファンレス環境が作れる上に、PUBGレベルの重いゲームでも60fps前後で動作することからとても貴重なグラフィックボードです。

GeForce GTX 1050 Tiチップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

11位 NVIDIA GeForce GTX 1050

640コア 単精度1.733TFlops、倍精度0.054TFlops TDP75W

GTX1050は2016年発売です。これも1050Tiと同じくTDP75Wの低発熱かつ低消費電力がコンセプトですが、各メーカーがあまりこのチップに力を入れてないのもあって各メーカーからのラインナップが微妙です。

1050Tiより1050が優れている点は「価格の安さ」しかありません。他の部分は全て1050Tiが優れています。

GeForce GTX 1050チップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

12位 NVIDIA GeForce GT 1030

384コア 単精度0.942TFlops、倍精度0.029TFlops TDP30W

Displayport4K対応。HDMI2.0対応。PCI Express 3.0 x 16(接続スロットはx16だが実際の動作はx4)。最大同時表示画面数2画面。

オンボードグラフィクス(内蔵グラフィクス)であるIntel UHD Graphicsが3画面4Kで表示できる中、このグラボは2画面までしかできないので物足りなく感じますが、内蔵グラフィクスよりもこのグラボのほうがFlops値は高いです。つまり描画能力が高いので高いフレームレートでYoutubeやTwitch再生ができます。ExcelやWordの描画も明らかに軽くなるので、ゲームをやらず事務作業をする人にはこのグラボで十分だと思いますが、2画面より3画面あると格段に作業効率がアップするので、できれば1050Tiを使ったほうがいいかもしれません。1050Tiにもロープロファイルモデルは存在します。

GeForce GT 1030チップを搭載した各メーカーのグラボはこちらで比較しています。

このGT1030は「ロープロファイルかつ(ファンレス or 1スロット占有)」を実現できているため、コンパクト製を優先するユーザから支持が大きいです。