CPU

【2019年最新版】おすすめCPUの選び方とベンチマーク性能比較 Intel,AMDを横断的にランキング評価

ウェブサイト閲覧やYoutubeの視聴、プログラミング(ソフトウェア開発)、動画エンコード、Excel、Wordなどパソコンの用途は様々です。 また深層学習や金融時系列分析といったかなり本格的にコンピュータを使うハイパフォーマ...
SSD

【2019年】おすすめSSDの選び方 2.5インチタイプを容量ごとに比較してメーカーランキング評価

SSD選びはメーカーが多く、さらに同一メーカーでもシリーズが多いためとても難解です。 SSDを購入する際にSSDのサーベイ(調査)を徹底的に行ったため、SSD選びのコツを記録しておこうと思います。 M.2規格のSSDにつ...
SSD

【2019年最新版】おすすめM.2 SSDの比較まとめ NVMe/AHCIとPCIe/SATAの双方を横断的にメーカーランキング評価

デスクトップパソコンやノートパソコン、超小型ベアボーンのような省スペースPCでも搭載できるM.2規格タイプのSSDを選んで買った際にサーベイした結果を掲載しています。 NVMe規格でPCIe接続のものは勿論、AHCI規格でSA...
グラフィックボード

【2019年】ゲーム用おすすめグラボのベンチマーク性能比較  RTX2080Ti,2080,2070, GTX1660Ti,1650のTuring世代からAMD Radeon RX 5700までランキング評価

グラフィックボードについては大半の人がゲーム用に関心があると思うので当然ゲーム用途を前提としたグラボ評価を行っていきます。 一方でグラフィックボードというのはメインのホストプロセッサ(core i9やXeonなど)の性能のみで...
グラフィックボード

倍精度重視おすすめグラボ・アクセラレータの比較 GPGPU用の64bit浮動小数点演算性能が高いNVIDIA Quadro,Tesla,TITAN,GeForce、AMD FirePro,Radeon等を横断評価

ゲーム用グラフィックボードのほとんどは単精度浮動小数点演算性能を重視しており、倍精度浮動小数点演算性能は気休め程度しか用意されていません。ゲームでは倍精度64bitほどの有効桁数はまったく不要で単精度32bitで十分だからです。 ...
パソコンディスプレイ

EIZO31.5インチ4KディスプレイEV3285-BK購入後のレビュー FlexScan27インチ版と同じ奥行23cmで省スペース 文字サイズ100%で表示しても読みやすい

31.5インチ4KのEIZOディスプレイが4年ぶりにモデルチェンジしました。2018年8月にFlexScan EV3285が発売され、2014年9月発売のFlexScan EV3237の後継品が誕生しました。 私はこのディスプ...
SSD

8TBのSSDを実際に使用したレビュー Micron製5210 IONシリーズMTFDDAK7T6QDE-2AV1ZABYYの評価 SATA接続で一般的な2.5インチ7mm厚サイズ

米国Micron社が販売する8TB帯大容量SSDの5210 ION MTFDDAK7T6QDE-2AV1ZABYYを入手したのでレビューしてみます。5210 IONシリーズの中では最大容量の7.68TBであり事実上の8TBSSDとし...
CPU

第3世代Ryzen 9 3900Xは12コア止まり 16コア3950Xは8万円超確実でリリース先送りへ 6コアのRyzen 7 3600X用のチップを2つ連結させて12コアを実現

2019年5月27日にAMDから第3世代Ryzen 9 3900Xが発表されました。 海外メディアAdoredTVが発端となったリーク情報を拠り所として3800Xで16コアを期待していたAMDユーザーが多かったようですが、期待...
CPU

RyzenとIntel Core i9,i7,i5,i3のベンチマーク比較 ゲーム用ならRyzen、作業用ならIntel Core

私も当初はRyzen発売を好意的に受けとめていましたが、非ゲーマーにとってはあまりメリットの見いだせないCPUだという印象です。海外でも"gaming cpu"として認識されています。 2017年に発売された第1世代Ryzen...
ノートパソコン

ThinkPad X1 Carbon 2019(Gen7)の比較レビュー 前モデルより軽量化され最小1.09kg、最大1.11kg Intel第8世代Whiskey Lake-U Coreプロセッサ搭載 SSD2TB、LTEモジュール、4K液晶パネル選択可能

2019年のThinkPad X1 Carbon(Gen7)は例年よりも発売が遅くなりました。2019年6月25日に発売が開始されました。 2018年のGen6は2018年4月ごろには既に発売されていました。 それと比較...
グラフィックボード

おすすめGeForce RTX 2080 Super搭載グラボの性能比較 最高画質設定かつFullHD時のゲーミング性能が優秀 AMD Radeon VII相手ならRTX2080Superが圧勝

RTX2080(2018年)の焼き直しGPUです。RTX2080Superは2018年9月に発売されたRTX2080と同じTU104チップを使っています。RTX2080TiはTU102チップなので、このRTX2080SuperはRT...
グラフィックボード

おすすめGeForce RTX 2060 Super搭載グラボの比較 GTX1080を若干下回り、Radeon RX 5700XTを上回るフレームレート性能

NVIDIA GeForce RTX 2060 Superは2019年7月にオリジナルファンモデルも含めて一斉発売されたGPUです。 このGPUの投入趣旨は「2019年7月に発売されたAMD Radeon RXと比較検討される...
グラフィックボード

おすすめGeForce RTX 2070 Super搭載グラボの比較 GTX1080Tiを若干下回り、Radeon VIIとRX5700XTを大きく上回る性能

2019年7月に発売されたNVIDIA GeForce RTX 2070 SuperはGTX1080Tiを若干下回る性能のGPUです。当然ながら2018年発売のRTX2070の性能は超えています。AMD Radeonシリーズと比較す...
グラフィックボード

おすすめRadeon RX 5700 XT搭載グラボの比較 ApexLegendsではRTX2070フレームレート性能を若干下回り、PUBGではRTX2060を下回る

2019年7月発売のAMD製GPUです。コードネームVegaで採用されていたGCNアーキテクチャが刷新され、RDNAアーキテクチャを採用した最初のGPUです。アーキテクチャが抜本的に変更されていても、これまでのRadeon ...
グラフィックボード

おすすめGeForce RTX 2080Ti搭載グラボの性能比較 RayTracing・Tensor Coreが搭載されたことで従来からのFP32コア性能が微増に留まりゲーミング性能は1080Tiを若干上回る程度に留まる

RTX2080Tiは2018年9月発売Turingアーキテクチャ採用グラボの中でも上位に位置するモデルです。 これより上にTITAN RTXがありますが、TITAN RTXはNVIDIAが生産し菱洋エレクトロが販売するリファレ...
グラフィックボード

おすすめGeForce RTX 2060搭載グラボの性能比較 GTX1070Tiを上回る性能だが1080よりは低い性能

RTX2060はTuring世代のRayTracing用コア搭載モデルの中では最も下位で廉価な(安い)グラボです。 ゲーム用途を想定したフレームレートベンチマークでは、平均的に1世代前の1070TiよりもRTX2060は若干速...
グラフィックボード

おすすめRadeon RX 5700搭載グラボの比較 ApexLegendsではRTX2060フレームレート性能と互角で、PUBGではRTX2060を大きく下回りGTX1070Tiと互角

2019年7月発売。このRadeon RX 5700は同時に発売されたRadeon RX 5700XTの性能を引き下げて安くした廉価版としての位置付けです。 このRX5700はRX5700XTと比べて人気がありません。できるだ...
SSD

おすすめ外付けポータブルSSD(USB接続)の比較と選び方 速度と信頼性でメーカーランキング評価

現在最大2TBの外付けSSDが出てきています。内蔵型のSSDは4TBまで出てきていますが数十万円するため現実的ではありません。2TBならようやく現実的な価格内に収まるようになってきました。 SSDを比較するときは容量とメーカー...
HDD

おすすめ内蔵HDD(3.5インチ)の比較と選び方 メーカーの信頼性でランキング評価

内蔵型HDDをメーカーごとにまとめています。 HDDのメリットは安さです。安さこそHDDがSSDに勝っている唯一の優位性です。逆に言えば価格を気にしないなら大容量のSSDをおすすめします。 SDDの容量単価がHDDと並ぶ...
CPUクーラー

おすすめCPUクーラーの比較と選び方 サイドフロー型とトップフロー型をクーラー高ごとにメーカーランキング評価

空冷式のCPUクーラーをクーラー高ごとに比較しています。サイドフロー型とトップフロー型のメリット、デメリットを比較したあとにクーラー高ごとにおすすめのCPUクーラーを覚え書きとして記載しています。 簡易水冷式(ポンプとラジエー...
PC電源

おすすめPC電源ユニットの比較と選び方 電力容量ごとに80Plus認証ランク(電力変換効率)・信頼性・静音性・メーカーでランキング評価

PC電源は最優先で予算配分すべきPCパーツです。PC電源はAC100Vという高電圧を扱うため、PC電源の良し悪しはCPUやグラボの処理性能以前の問題として「安全性」にかかわるからです。 PC電源のように高電圧を扱うPCパーツに...
CPUクーラー

おすすめ水冷式CPUクーラーの比較と選び方 ラジエータ・ファンサイズごとにメーカーランキング評価

水冷は機構そのものに面白さがありますが、空冷と比べて低い可用性をよく考慮して採用する必要があります。 水冷CPUクーラーの本質 なぜ空冷ではなく水冷を使うのかその本質を最初に把握しておくことが重要です。 水冷の本質は冷...
ノートパソコンケース

ThinkPad X1 Carbon 2019&2018&2017用としてワンサイズ小さいプレミアムケース4Z10F04134を購入して正解

2017年4月にThinkPad X1 Carbonの2017年モデルを購入したわけですが、その持ち運びのためのケースとしてLenovoが公式に販売しているプレミアムケースを購入しました。 X1 Carbon 2018(6th...
グラフィックボード

おすすめGeForce GTX 1650搭載グラボの性能比較 1世代前の1050Tiを19%上回るゲーミング性能 補助電源不要のTDP75WでもRadeon RX 570(150W)と性能が互角

2019年4月にリリースされたGeForce GTX 1650は「補助電源不要のTDP75Wの範囲内でできるだけ性能を高くする」をコンセプトとしたGPUです。 しかしMSIの製品のように、中には6ピン×1のPCIe補助電源が必...
グラフィックボード

おすすめGeForce GT 710搭載グラボの性能比較 ファンレスかつ1スロット占有かつロープロファイルのグラボが存在する貴重なGPU

GeForce GT710は2016年にリリースされたGPUです。Kepler(ケプラー)アーキテクチャを採用しています。本来Keplerアーキテクチャ搭載製品は2013年~2014年にリリースされたものでした。その製造プロセスを改...
グラフィックボード

おすすめGeForce GTX 1050Ti搭載グラボの性能比較 補助電源不要のTDP75Wでファンレスタイプや1スロット占有モデルがある貴重なGPU

2016年にリリースされたGTX1050TiチップはTDP75Wに発熱量を抑えることで消費電力も大幅に低くし、マザーボードからの給電のみで動作する補助電源不要なチップであることが特徴です。 消費電力が低いため性能はそれほど高く...
SSD

おすすめmSATA接続SSDの比較 データ容量ごとにメーカーランキング評価

一昔前のノートパソコンで採用数が多いmSATA規格のSSDです。通信規格は全てSATAでありPCIe規格のものはありません。発売日が2015年以前のものはMLCタイプ、2016年以降のものはTLCタイプが多いです。 1TB...
パソコンディスプレイ

EIZOの27インチ4K液晶ディスプレイEV2785-BK購入後のレビュー USB Type Cケーブル1本で映像出力・給電に対応

1920×1200のEIZO液晶ディスプレイFlexScan EV2456-RBK(2016年11月発売)を2017年1月に購入して使用しているのですが、今回新たに追加でEIZOのFlexScan27インチ4KディスプレイEV278...
パソコンディスプレイ

EIZO FlexScan 23.8インチ液晶ディスプレイEV2451-RBKを実際に購入したレビュー

そのうちEIZOの新型ディスプレイが出るのではないかとウォッチしていましたが、ようやく2016年末になって新型ディスプレイが発表されました。 2015年6月に発売されたEV2450の後継機種、EV2451が2016年11月に発...
グラフィックボード

単精度重視おすすめグラフィックボード・アクセラレータの性能比較 機械学習(深層学習:ディープラーニング)に最適な32bit浮動小数点演算向けのNVIDIA Tesla,Quadro,GeForce・AMD Radeon等をFLOPS値でランキング評価

NVIDIA Tesla,Quadro,GeforceからAMD Radeonまでグラボを横断的に単精度浮動小数点演算FLOPS(フロップス)性能で比較しています。 単精度(FP32)の演算性能重視でグラボを選ぶ目的で調べた結...