Ryzen 7 1700とIntel Core i5 7600のベンチマーク比較 Core i5 7600が勝利しCore i7も当然勝利

スポンサーリンク

Ryzen 7 1800XやRyzen 7 1700Xは価格が高すぎるということで、第1世代Ryzen 7シリーズの中ではRyzen 7 1700が最も人気があるようです。

Ryzen 7 1700は8コアですが、それより一段階グレードが下になるとRyzen 5 1600Xの6コアになってしまいます。8コアかつ最も安いRyzenということでRyzen 7 1700が人気のようです。

以下詳細に見ていきますが、性能を重視するならRyzen 7 1700よりもRyzen 5 1600Xの方が高性能です。Ryzen 5 1600XがRyzen 7 1700に勝利した要因は、1コアあたりの動作周波数が高いというところにあります。

またCore i5 7600やCore i7 7700とも比較していきますが、Core i5,i7は4コアしかないにもかかわらず、Intel CoreはSIMD演算器が優秀でありデータレベル並列性を少ないサイクル数で実行可能であるため、実際的な性能はCore i5やCore i7の方が上回っています。Core i7 7700の方がCore i5よりも当然上ですが、性能が低いと言われているCore i5 7600でさえRyzen 7 1700に勝利しています。

しかも価格はCore i5 7600の方が圧倒的に安いです。以下、Ryzen 7 1700の現時点での価格を掲載しておきますが、これよりもIntel Coreの価格の方が安い傾向にあります。

Ryzen 7 1700はCore i5 7600にすら負けている
しかもRyzen 7 1700の性能は環境によって大きくばらつく傾向
環境による性能のばらつきが小さいCore i5 7600を強く推奨

Core i7と比較する前に、Core i5 7600と比較してみます。

このようにCore i5 7600がRyzen 7 1700に+4%、実効性能(Effective speed)で勝利しています。

主な勝因は1コアあたりの動作周波数の高さでしょう。Ryzen 7 1700は8コアもあるものの、動作周波数が3.0GHzであり、4コアのCore i5 7600の3.5GHzに負けています。

また性能以外でもCore i5 7600をおすすめしておきたい理由があります。

上の図の左下のグラフ(ヒストグラム)を見ると、2つ山ができていることがわかります。これはベンチマーク結果を申告したユーザ数を表しており、性能が低くなったユーザと高くなったユーザに二分されていることを意味しています。

一方で図の右下のグラフを見ると、山は一つだけになっておりどこがピークなのが一目瞭然です。この一番高くなっている部分にユーザ数が集中していることを意味しており、Core i5 7600を買うとこの性能に落ち着くユーザが最も多いことを意味します。これはCore i5と組み合わせるメモリやマザーボード、OSなどの基本ソフトウェアの違いによる影響を受けにくいことを意味しており、誰でも同じような性能が得られるのは好ましいことです。

買った人の環境によってCPU性能がばらつくRyzen 7 1700よりも、皆同じ性能が引き出せるCore i5 7600をおすすめします。またCore i5 7600にはオンボードグラフィックスが付いてくるので拡張グラフィックボードは不要です。

Ryzen 7 1800Xをも打ち負かしたCore i5 7600K相手ではRyzen 7 1700は当然完敗
価格もCore i5 7600Kの方が安い

Ryzen 7の第1世代でのフラッグシップモデルとしてRyzen 7 1800Xがありますが、そのRyzen 7 1800Xすら打ち負かしたのがこのCore i5 7600Kです。勿論、Core i5 7600KはRyzen 7 1700も打ち負かしています。

Ryzen 7 1700よりも+13%、Core i5 7600Kの方が高性能です。最近のプロセッサの性能向上率が年間+15%に落ち着いている(以前は22%だったが最近鈍化している)ことからも、+13%という性能比はほぼ1年分の技術的進歩に相当します。

Core i5 7600Kの価格を見てもらえるとわかると思いますが、当然Core i5 7600Kの方がRyzen 7 1700より安いです。

しかも上の図の右下のグラフ(ヒストグラム)を見るとわかりますが、ほぼ釣鐘状の分布になっており、ユーザ数が右中央に集中していることがわかります。これはCPUを購入したユーザのPC環境によって、引き出せる性能がばらつかないことを意味しています。

せっかくCPUを買っても人によっては速くなったり、人によっては遅くなったりと環境の影響を大きく受けるようでは対費用効果が予測できないということですから、前もってどれだけの性能が得られるか確かにわかるIntel Core i5 7600Kの方がおすすめです。

Ryzen 7 1700が想定しているライバル、Core i7 7700ではCore i7 7700が勝利
価格でもCore i7 7700が安くしかもオンボードグラフィックス付

Ryzen 7 1700はCore i7 7700を暗黙のライバルとして意識してリリースされた製品だと言えます。両方とも高クロックモデルではなく、それぞれ”X”も”K”もついていない無印ですし、Ryzen 7 1700は第1世代Ryzenシリーズの中でグレード7であることを意味している型番であり、Core i7 7700も第7世代Coreシリーズの中でグレード7であることを意味している型番だからです。

Core i7 7700の方が+4%性能で勝っています。また右下のグラフを見ると、Core i7 7700は山が一つだけある綺麗な分布になっています。この分布に中心にピークがあり、Core i7 7700を購入するとこのピークがある部分に相当する性能が平均的に得られるということを意味します。

一方で左下のグラフは山が2つあり綺麗な分布になっていません。どこがピークが判然とせず、CPUを買って組み立てたPCの構成やソフトウェア環境によって大きく得られる性能が異なってきてしまうのがRyzen 7 1700だと言えます。

価格面では、今のところCore i7 7700の方がRyzen 7 1700より若干安い程度ですので、今後Ryzen 7 1700の方が安くなる確率は高いです。ほとんど価格差はないと言っていいでしょう。しかし何度も記載していますが、Ryzen 7 1700を含めてRyzenシリーズにはオンボードグラフィックスがついていませんので、拡張グラフィックボードを別途購入しないと画面が移りません。その部分のコストも加味すると、トータルとしてはCore i7 7700の方が出費を少なくすることができます。

実はRyzen 5 1600Xと実効性能が変わらないRyzen 7 1700
Ryzen 5 1600Xの動作周波数が高いため

Ryzen 7 1700はRyzen 5 1600Xとほとんど実効性能が変わりません。

なぜこのような結果になるのかと言えば、Ryzen 7 1700はコア数を8コアと増やして性能を上げようとしているのに対し、1600Xはコア数は6コアに抑えて動作周波数を3.6GHzと高くすることによって性能を上げようとしているからです。

コア数を増やす方法は、PC環境の影響を強く受けます。並列性が高いアプリケーションの実行は同期処理などの排他制御が必要になるためどうしてもメモリアクセスのレイテンシやスループットの影響を受けるからです。

上の画像の左下を見るとわかりますが、ベンチマークを報告した各ユーザの分布が正規分布のような釣鐘状になっていません。2つ山ができています。綺麗な釣鐘状にならず、しかも散らばり具合が大きい(分散が大きい)ということは、Ryzen 7 1700を購入したユーザそれぞれが得られるCPU性能に大きく格差が出てくるということです。

一方で画像の右下の場合はそこまで散らばり具合が大きくなく、そこそこ釣鐘状の分布になっています。Ryzen 5 1600Xの方が、誰が使ってもほとんど同じような性能が得られるCPUだということになります。

まとめ:コア数が多いハイエンド向けを求めるならRyzen 9やSkylake-Xを待つのが得策
コストを抑えたいのならCore i5の方がRyzen 7 1700より安くて高性能 しかもオンボードグラフィックス付

Ryzen 7 1700は世の中に出ている6コアCPUの中ではかなり安い部類です。しかし、性能が伴わなければ意味がありません。

Ryzen 7とRyzen 5は期待はずれでしたが、Ryzen 9はかなり期待が持てます。16コアもあり動作周波数も高いからです。

それにあわせてIntelはSkylake-Xの発売日を早める予定です。価格も当初予定より安くなるでしょう。

コア数を優先するならば、Ryzen 9やIntel Skylake-Xの発売を待ったほうが賢明です。

一方で、コア数よりも単に性能が高くて安いものがいいなら、Core i5 7600がおすすめです。これはRyzen 7 1700の性能を上回っている上に、価格はRyzen 7より安く、しかもオンボードグラフィックスが付いているため拡張グラフィックボードが不要だからです。Ryzenシリーズは拡張グラフィックボードが必須のため以外にコストがかさみます。

まだRyzenは2017年の時点で第1世代であり、性能・価格・相性の面で安定していくのはこれからだと言えるでしょう。

スポンサーリンク