おすすめRyzen 5 2600とIntel Coreのベンチマーク性能比較 同じ2018年度発売で下位モデルのCore i5 9400Fが+5%勝利

Ryzen 5 2600無印はRyzen 7 2700無印より人気のプロセッサです。第2世代Ryzenのベンチマークサンプル数のうち12%を占めており、Ryzen 7 2700無印より人気です。

性能重視の人は2700Xを選びますし、性能を重視しつつ価格を抑えたい場合は2600Xが選ばれます。中には性能よりも価格の安さを優先する購入者もいるので、そういった場合にはRyzen 5 2600が選ばれます。

第2世代Ryzen 5 2600プロセッサは2018年度発売なので、同じく2018年度に発売された第9世代Intel Coreプロセッサと比較することになります。

その他の第2世代Ryzenプロセッサはこちらに掲載しています。

Ryzen 7 2700XとIntel Coreのベンチマーク性能比較

Ryzen 7 2700とIntel Coreのベンチマーク性能比較

Ryzen 5 2600XとIntel Coreのベンチマーク性能比較

Ryzen 5 2500XとIntel Coreのベンチマーク性能比較

同じ2018年度発売の第9世代Core i5 9400FにRyzen 5 2600が5%の差で負ける

Ryzen 5 2600と比較するべきはCore i5 9600ですが、それより2グレード低いCore i5 9400Fでも十分です。それでもCore i5が勝ってしまいます。

このように+5%、Core i5 9400FがRyzen 5 2600に勝ってしまっています。動作クロックはCore i5 9400のほうが圧倒的に低く2.9GHz。それにもかかわらず勝ってしまうのは、Core i5はキャッシュが優秀でパイプラインがスムーズに流れるためIPCが高いことと、さらに命令レベル並列処理の並列性抽出度がIntel Coreのほうが高いためさらにIPCを高くできることです。またSIMD演算命令に関してはRyzen 5 2600の2倍の性能があります。これらの要因が全体的に効いてきて結果的に2グレードも下のCore i5 9400FにRyzen 5 2600が負けてしまう結果となります。