おすすめGeForce GTX 1660Ti搭載グラボの性能比較 Tensor Core非搭載のためゲーミング性能に特化しているが1世代前の1070より低性能

どうしてもRTX版の2060以上を買わせて、レイトレーシング対応ゲーム普及の起爆剤にしようという意図が垣間見えます。

ゲーミング用の演算器に特化したTuring世代で1660Tiレベルの性能とは正直かなり終わってるという印象です。Turing世代にもかかわらず1000番代の番号しか付けられなかったのは、1070よりも性能が低いのでそれより上の番号を振ることができなかったためです。

レイトレーシングコアが不要で純粋にゲーム性能に特化したグラボが欲しい場合はAMDのRadeon VIIがおすすめです。Apex Legendsに関してはRTX2080を超えてRTX2080Tiと互角のフレームレートを叩き出すのがRadeon VIIなので、RTX2080TiやRTX2080から機械学習やレイトレーシング用の演算回路を完全に削ったバージョンのグラボが出るまでの間に限ればRadeon VIIの存在価値はあります。

CUDA Core数1,536

インデックス:

1位 ELSA

・ELSA GeForce GTX 1660 Ti S.A.C GD1660-6GERTS(VD6979)

2スロット占有(厚さ43mm)。全長206mm。ブーストクロック1,770MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1

2位 ASUS

・ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING

2019年2月発売。2.5スロット占有(50mm厚)。全長301mmで12インチ以内。ブーストクロック1890MHzがこのグラボ最大の売り。ファン×3。補助電源8ピン×1

・TUF-GTX1660TI-O6G-GAMING

2019年5月発売。2.3スロット占有で46mm厚。全長205mm。ブーストクロック1,845MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1

・DUAL-GTX1660TI-O6G

2019年2月発売。公称2スロット占有だが厚さが44mmもある。バックプレート方向にもファン方向にも厚さがはみ出しているため、両方向に余裕が無いと厳しいグラボ。全長は215mmで8.5インチ以内。ブーストクロック1,830MHz。ファン×2。8ピン×1

・PH-GTX1660TI-O6G

2019年3月発売。2スロット占有(厚さ39mm)。全長174mmなのでMini ITXマザボから少しはみ出す程度のサイズ。ブーストクロック1,815MHz。ファン×1。8ピン×1

3位 MSI

・GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G VD6892

2019年2月発売。2.3スロット占有(厚さ46mm)。バックプレート側にははみ出しておらずファン側に3mmオーバーしている。全長247mmで10インチ以内に収まっている。ブーストクロックは1,875MHzでZOTACのAMPより上。ファン×2。補助電源8ピン×1

・GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OC VD6893

2019年2月発売。2スロット占有(厚さ41mm)だがファン方向に1mmだけ2スロット規格からはみ出している。理由はこのグラボはMini ITXマザーボードに搭載するだろうということから、Mini ITXマザーボードにはPCI Expressスロットが1つしかないため隣り合う別のボードがないという想定があるため。グラボのとなりに電源ユニットがあったりPCケースの蓋がある場合は干渉する場合もあるので注意。全長178mmはMini ITXマザーボードから少しはみ出す程度。ブーストクロック1,830MHz。ファン×1。補助電源8ピン×1

4位 GIGABYTE

・GeForce GTX 1660Ti 6GB WINDFORCE  GV-N166TOC-6GD

2019年2月発売。ファン×2

・GeForce GTX 1660Ti 6GB  GV-N166TIXOC-6GD

2019年2月発売。2スロット占有。ファン×1。小型PCケースにも収まる全長が短いタイプ

5位 玄人志向

・GALAKURO GK-GTX1660Ti-E6GB/MINI

2019年3月発売。2スロット占有(厚さ38mm)。全長175mmのMiniITXサイズ。ブーストクロック1,815MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1

・GF-GTX1660Ti-E6GB/DF

2019年2月発売。2スロット占有(厚さ38.6mm)。全長214mmで8.5インチ以内。ブーストクロック1,785MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1

6位 ZOTAC

・ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 Ti AMP 6GB GDDR6 ZT-T16610D-10M (ZTGTX1660TI-6GBAMP) VD6899

2019年3月発売。2スロット占有(41mm厚)。バックプレート側にはみ出しているので隣にPCI Expressボードを挿す場合は注意。全長209.6mmは8.5インチ以内のサイズ。ブーストクロック1,860MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1

・ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 Ti 6GB GDDR6 ZT-T16610F-10L (ZTGTX1660TI-6GB) VD6900

2019年2月発売。2スロット占有(厚さ35.3mm)。2スロットに十分収まるほど薄くできている。全長173.4mmはMini ITXマザーボードから少しはみ出す程度。ブーストクロック1,770MHzは低め。ファン×2。補助電源8ピン×1

7位 Palit

・NE6166TS18J9-1160A (GeForce GTX1660Ti 6GB Dual OC)

2019年3月発売。2スロット占有(厚さ40mm)。全長235mmで9.5インチ以内サイズ。ブーストクロック1,815MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1

・NE6166TS18J9-161F (GeForce GTX1660Ti STORMX OC 6GB)

2019年2月発売。2スロット占有(厚さ40mm)。全長168mmサイズはMiniITXマザーボードの範囲内に余裕で収まる。ブーストクロック1,815MHz。ファン×1。補助電源8ピン×1

8位 Colorful

・Colorful iGame GeForce GTX 1660 Ti 6G

2019年3月発売。2スロット占有(厚さ40mm)。全長215mm(8.5インチ)。ブーストクロック1,770MHzは低すぎるのでおすすめしません。ファン×2。補助電源8ピン×1