おすすめGeForce GTX 1080搭載グラボの性能比較 RTX2070より若干性能が低いもののRadeon VIIと同程度のゲーミング性能

2016年発売のGTX1080はPascal世代においては主役的な役割を果たしたグラボでした。プロゲーマーでも1080Tiではなく1080でPUBGをやっていた人は多く、GTX1080は2019年に発売されたAMD Radeon VIIと同程度の性能になっていることからしてもかなり優秀なグラボです。

今となっては品薄になってしまったため、RTX2070を購入するのをおすすめします。GTX1080よりも安いのにもかかわらず性能は上昇しています。

またGTX1080Tiでは全長170mm以下のMini ITXサイズグラボが存在しませんでしたが、GTX1080ではMini ITXサイズのコンパクトなグラボが存在するのもメリットです。

GeForce GTX 1080で実行した各ゲームごとのフレームレートベンチマークを掲載します。

PUBGでは少しフレームレートが足りませんがApex Legendsなら十分なフレームレートがあります。Siegeと同程度かそれより軽いゲームならGTX1080でも十分です。

インデックス:

1位 ELSA(エルザジャパン)

・ELSA GeForce GTX 1080 8GB S.A.C GD1080-8GERXS 8GB

2016年8月発売。静音性重視

・ELSA GeForce GTX 1080 8GB GLADIAC GD1080-8GERXG 8GB

2016年9月発売。性能重視、流体軸受けファン

・ELSA GeForce GTX 1080 8GB ST GD1080-8GERST 8GB

2016年9月発売。静音性よりもPCケース内冷却重視、シロッコファン

2位 ASUS(台湾)

・ROG-STRIX-GTX1080-O8G-11GBPS 11GB

2017年6月発売。ファンx3。セミファンレス。ベースクロック1695MHz

・ROG STRIX-GTX1080-A8G-GAMING 8GB

2016年9月発売。ファンx3。セミファンレス。

・TURBO-GTX1080-8G

2016年8月発売。シロッコファンx1。ボールベアリング軸受採用の長寿命ファン。

・ROG STRIX-GTX1080-O8G-GAMING

2016年6月発売。ファンx3。動作周波数が下記モデルより若干高い

・ROG STRIX-GTX1080-8G-GAMING

2016年6月発売。ファンx3

3位 MSI(台湾)

・MSI GeForce GTX 1080 GAMING X+ 8G(VD6304)

2017年4月発売。2スロット占有(42mm厚)。全長277mm。ブーストクロック1,847MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1、6ピン×1。出力端子Displayport1.4×3、HDMI2.0b×1、DVI-D×1

・MSI GTX 1080 GAMING Z 8G

2016年8月発売。ファクトリーオーバークロック周波数が下記のGAMING Xより高い。ファンx2。セミファンレス。上記のGAMING X+の方が発売日は新しいが、クロック周波数はこちらが上。しかし上記モデルはGDDR5Xメモリを搭載しているためその点は上記モデルが上。

・MSI GTX 1080 GAMING X 8G(VD6060)

2016年6月発売。ファンx2。セミファンレス

・MSI GTX 1080 ARMOR 8G OC(VD6193)

2016年11月発売。GAMING Xの廉価版。オーバークロック済み。Displayport1.4×3、HDMI2.0 ×1、DualLink-DVI x 1。DualLink-DVI接続以外は4K対応。最大同時表示は4画面まで。補助電源8ピンx1と6ピンx1の両方が必要。拡張スロットは2つ分占有。

・MSI GTX 1080 SEA HAWK X(VD6101)

2016年7月発売。Corsair製の簡易水冷一体型。120mmラジエータ&120mmファン×1、電源とRAM冷却用本体ブロワーファン×1

・MSI GTX 1080 SEA HAWK EK X

2016年7月発売。本格水冷のためのウォーターブロック付属タイプ

4位 GIGABYTE(台湾)

・AORUS GV-N1080AORUS-8GD

2017年6月発売。ファンx3。下記のXtreme Edition(X-8GD)の方が高性能

・GV-N1080AORUS X-8GD 8GB

2017年3月発売。ファンx3

・GV-N1080G1 GAMING-8GD 8GB

2016年6月発売。ファンx3

・GV-N1080XTREME W-8GD 8GB

2016年7月発売。簡易水冷一体型モデル。ラジエータの12cmファンx1のみであり本体にシロッコファンが付いていないので静音性が高い。

・GV-N1080XTREME-8GD Premium pack 8GB

2016年6月発売。ファンx3

・GV-N1080G1 GAMING-8GD 8GB

2016年6月発売。ファンx3

5位 玄人志向

・GF-GTX1080-E8GB/OC/GAMING 8GB

2017年4月発売。ファンx2

・GF-GTX1080-E8GB/OC/DF 8GB

2016年7月発売。

6位 ZOTAC(香港)

・ZOTAC GeForce GTX 1080 AMP Extreme+ ZT-P10800I-10P 8GB

2017年4月発売。ファンx3。

・ZOTAC GeForce GTX 1080 Mini ZT-P10800H-10P 8GB

2017年2月発売。ファンx2。全長が短いタイプ。ロープロファイルではない。

・ZOTAC GeForce GTX 1080 ArcticStorm Thermaltake ZT-P10800G-30P 8GB

2016年11月発売。台湾thermaltake社とコラボしDIY水冷に対応したモデル。簡易水冷ではないので各自でラジエータ等を用意する必要がある。

・ZOTAC GeForce GTX 1080 ArcticStorm ZT-P10800F-30P 8GB

2016年9月発売。上記のモデルと同様こちらもDIY水冷に対応したモデルだが、thermaltake社製の水冷ブロックではなくZOTACオリジナルのもの。こちらも各自ラジエータやチューブ、冷却水を用意する必要がある。

・ZOTAC GeForce GTX 1080 AMP Extreme ZT-P10800B-10P 8GB

2016年6月発売。ファンx3

・ZOTAC GeForce GTX 1080 AMP Edition ZT-P10800C-10P 8GB

2016年6月発売。ファンx2

・ZOTAC GeForce GTX 1080 Founders Edition ZT-P10800A-10P 8GB

2016年5月発売。シロッコファンx1

7位 Palit Microsystems

・NEB1080V15P2-1040J (GeForce GTX 1080 8GB OC Super JetStream)

2017年5月発売。メモリクロック11GHz

・NEB1080U15P2-1045D (GeForce GTX1080 8GB Dual OC)

2017年2月。ファンx2

・NEB1080H15P2-1040G (GeForce GTX1080 8GB GameRock Premium Edition)

2016年7月発売。ファンx2。プロセッサベースクロック1746MHz

・NEB1080S15P2-1040J (GeForce GTX1080 8GB Super JetStream)

2016年7月発売。ファンx2。プロセッサベースクロック1708MHz

8位 GALAXY(香港)

・GALAX GF PGTX1080-EXOC/8GD5 FS 8GB

2016年9月発売。ファンx2。低温時に回転を止めるセミファンレスタイプ。

・GALAX GF PGTX1080/8GD5 HOF 8GB

2016年8月発売。ファンx3

9位 Manli(香港)

・M-NGTX1080/5RGHDPPP-BL 8GB

2017年8月発売。シロッコファンタイプ

・M-NGTX1080H/5RGHDPPP 8GB

2016年10月発売。簡易水冷と一体になっている水冷タイプ。水冷ラジエータは12cmファンサイズでありファンx1。ボード本体にはシロッコファンx1であり合計ファン数2。

・M-NGTX1080/5RGHDPPP 8GB

2016年9月発売。ファンx2。全長280mm。

10位 InnoVISION Multimedia(香港)

・GeForce GTX 1080 TWIN X2 N1080-1SDN-P6DN 8GB

2016年7月発売。ファンx2。

・iChill GeForce GTX 1080 V2 X4 Edition C108C4-2SDN-P6DNX 8GB

2016年7月発売。ファンx4、通常ファンx3+小型ファンx1。

・iChill GeForce GTX 1080 V2 X3 Edition C108C3-2SDN-P6DNX 8GB

2016年7月発売。ファンx3。