おすすめGeForce RTX 2060搭載グラボの性能比較 GTX1070Tiを上回る性能だが1080よりは低い性能

RTX2060はTuring世代のRayTracing用コア搭載モデルの中では最も下位で廉価な(安い)グラボです。

ゲーム用途を想定したフレームレートベンチマークでは、平均的に1世代前の1070TiよりもRTX2060は若干速いです。一方でGTX1080と比較すると平均的にRTX2060のほうがフレームレートが低くなっています。

しかし個別のゲームで見てみるとかなりばらつきがあります。 

 PUBGではRTX2060のフレームレート102fpsはGTX1080よりもかなり大きいです。

しかしApex LegendsだとRTX2060のフレームレート96fpsはGTX1080のフレームレート120fps台を大きく下回ります。

またApex LegendsではGTX1070TiのほうがRTX2060よりもフレームレートが高いです。PUBGはその逆です。

GTX1070Ti、RTX2060、GTX1080の3つのGPUにかけては、ゲームによってフレームレートが大きく入れ替わります。この3つのGPUに関しては一概に順位を決定しづらいのが実情です。

このようにゲームタイトルによってはRTX2060がGTX1080のフレームレート性能を超えている場合もあるので、個別具体的に判断するのがおすすめです。

1,920コア、オーバークロック無し時のベースクロック1,365MHz、ブーストクロック1,680MHz、6.451TFlops

インデックス:

1位 ELSA(エルザジャパン)

・ELSA GeForce RTX 2060 S.A.C GD2060-6GERS VD6896

2019年3月発売。2.15スロット占有(43mm厚)。バックプレートが出っ張っているため、ファンとは反対側の部分が干渉する可能性がある。このグラボを挿すとそのバック側には別のボードを挿すことはできない。最もCPU側のスロットに挿すことを想定しているためバックプレート側に3mmはみ出している。CPUクーラーの大きさによっては本グラボのバックプレートと干渉する可能性がある。全長206mmで8.5インチ未満のサイズ。ブーストクロックは1,680MHzと低め。ファン×2。補助電源8ピン×1

2位 ASUS

・DUAL-RTX2060-O6G-EVO

2.7スロット占有(53mm厚)。全長242mm。高さ130mm。ブーストクロック1,785MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1。Displayport1.4×1、HDMI2.0b×2、DVI-D×1

“EVO”ではない無印の「DUAL-RTX2060-O6G」と比較して厚みと全長が小型化されておりファンの静音化が図られているがブーストクロックには変化なし。冷却性能を維持したまま小型化したのが特徴。

・DUAL-RTX2060-O6G

2019年2月発売。公称2.7スロット占有だが厚さ58mmのため実質2.9スロット占有。全長270mmで11インチ以内サイズ。ブーストクロック1,785MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1

・TUF-RTX2060-O6G-GAMING

2019年3月発売。2.3スロット占有(46mm厚)。全長204mm(8インチ)サイズ。ブーストクロック1,740MHz。ファン×2。補助電源×8

・PH-RTX2060-6G

2019年3月発売。2スロット占有(厚さ39mm)。全長177mm(7インチ)でMini ITXマザーボードから少しはみ出す程度。ブーストクロック1,710MHz。ファン×1。補助電源8ピン×1

3位 MSI

・GeForce RTX 2060 VENTUS XS 6G OC VD6915

2019年3月発売。2.1スロット占有。厚さが42mmもあり2スロットの厚さを超えているので注意。全長216mm(8.5インチ)サイズなのでリファレンスモデル(267mm)より全長は小型。ブーストクロック1,710MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1

4位 GIGABYTE

・GV-N2060IXOC-6GD

2019年1月発売。2スロット占有(厚さ36.4mm)。厚さが2スロットの範囲内に余裕で収まっているグラボは珍しく評価できます。また全長が丁度170mmであり、Mini ITXマザーボードの一辺170mmに収まるようにできています。すぐ隣に電源を設置するタイプのケースでも干渉しません。そのかわりブーストクロック1,695MHzは低め。ファン×1。補助電源8ピン×1

5位 玄人志向

・GALAKURO GK-RTX2060-E6GB/MINI

2019年2月発売。2スロット占有(厚さ38mm)。175mmのMini ITXサイズにもかかわらずファンを2基搭載している珍しいグラボ。ファン1基より送風量が優れているのは確実だが、そのかわり直径の小さい8cmファンサイズになってしまっているため静音性は微妙。

ブーストクロック1,710MHz。補助電源8ピン×1

6位 ZOTAC

・ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 AMP Edition ZT-T20600D-10M(ZTRTX2060-6GGDR6AMP) VD6859

2019年1月発売。2スロット占有(厚さ41mm)。バックプレート側に2スロット規格から少しはみ出しているので干渉に注意。全長209.6mmで8.5インチ以内。ブーストクロック1,800MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1。

7位 Palit

・NE62060S18J9-1160A (GeForce RTX2060 6GB Dual OC)

2019年3月発売。2スロット占有(40mm厚)。全長235mmの9.5インチサイズで、標準サイズ267mm(10.5)インチより1インチ短いモデル。ブーストクロック1,725MHz。ファン×2。補助電源8ピン×1

8位 InnoVISION Multimedia(Inno3D)

・GeForce RTX 2060 Twin X2 N20602-06D6-1710VA23

2スロット占有。このグラボの厚さは公称では41mm厚となっているが、実際はバックプレート側とファン側に1mmずつ程はみ出しており、42mm厚を想定しておいたほうがいいです。ブーストクロックは1,680MHzで低め。全長は196mmで8インチ以下サイズ。ファン×2補助電源8ピン×1

9位 Colorful

・GeForce RTX 2060 6G V2

2スロット占有(42mm厚)。全長222mm。高さ126mm。1,680MHz。Displayport×1、HDMI×1、DVI-D×1

V2ではない無印の「Colorful GeForce RTX 2060 6G」との違いは、こちらはDisplayport出力が1つ減っていること、全長が222mmで短くなっていること。ブーストクロック等のスペックは同じ。

・Colorful GeForce RTX 2060 6G

2スロット占有(厚さ42mm)。バックプレート側に2mmはみ出しており干渉する可能性あり。一番CPU側に挿せばほぼ問題ないがCPUクーラーによっては干渉します(大型のトップフロー型など)。全長267mm(10.5インチ)なので標準的なサイズ。ブーストクロック1,680MHzも低め。ファン×2。補助電源8ピン×1。Displayport×2、HDMI×1、DVI-D×1

番外 NVIDIA

・NVIDIA GeForce RTX 2060 Founders Edition

NVIDIA公式のFounders Edition。2スロット占有。ファン×2。全長228.60mmで9インチサイズ。オーバークロックはされておらずブーストクロックは1,680MHz。エルザジャパンから同じブーストクロックで静音ファン搭載のグラボがでているのでそちらがおすすめ。