おすすめGeForce GTX 1660 Super搭載グラボの比較 Apex Legendsのフレームレート性能では1660Tiが上回り、PUBGでは1660Tiと互角

2019年10月発売のNVIDIA製GPUです。GeForce GTX 1660よりも上位で、GeForce GTX 1660Tiよりも下位の位置付けです。

1660Tiは浮動小数点演算を行うFP32演算器を含むCUDA Coreが1536コア存在する一方、この1660Superは1408コアとなっており、1660無印の1408コアと同じ演算器数になっています。

このGeForce GTX 1660 Superが発売された背景は、まずNVIDIAとしては2019年にTuring世代GPUの第二弾を発売することが当初(2018年)からの計画でした。

NVIDIAは2年ごとにアーキテクチャを刷新します。現在はTuringアーキテクチャです。Turing世代のGPUが登場したのは2018年でした。そうなるとTuringの次のアーキテクチャ採用は2020年になるわけですが、進歩と陳腐化が著しいGPU分野では発売から1年経過しただけで「古い」と消費者に認識されてしまいます。つまり2019年になると「2018年発売のNVIDIA製GPUは古い」と消費者から認識されることになってしまいます。

NVIDIAはその対策として、まずは2018年度に第一弾のTuring世代GPUを広くラインナップし、第一弾のGPUの隙間を埋めるためのGPUを2019年度に第二弾として発売する計画を立てました。それは実際に実行に移されました。今回の「GeForce GTX 1660 Super」のようなGPUをまとめて2018年度に発売してしまうと、2019年度にNVIDIA製GPUが全く発売されないことになってしまうため「あえて第一弾(2018)と第二弾(2019)に分けた」ことになります。また経年で半導体の製造原価は下がっていくため、毎年その時点でのコストを元にマイナーチェンジをして新しい製品を投入したほうがNVIDIAとしても得になります。

本来、NVIDIAの完全独自ペースでいくならば2019年10月~11月頃に全てのSuperシリーズが発売される予定でした。しかしNVIDIAの競合他社であるAMDが2019年7月にRadeon 5700XT,5700という新GPUを投入することがわかったため、あえてAMD Radeonの発売日にぶつけるために一部のSuperシリーズは2019年7月に前倒しして発売されました。

もしAMDがRadeon 5700よりも下位のモデルをさらに投入するのなら、NVIDIAもそれに合わせて発売日を前倒しするはずでした。しかし実際はAMDはRadeon5700XT,5700の投入ですらGPUの出荷が遅れてしまい、5700XT,5700のオリジナルファンモデルは2019年10月まで遅れる有様で、AMDは5700XTと5700の投入時点で既に息切れしてしまいました。

そのためNVIDIAとしてはAMD側の発売時期を気にせずに、本来のNVIDIA独自ペースでその他のSuperシリーズを投入することになりました。1660Superは2019年10月、それより下位の1650Superは2019年11月の発売です。

 

各ゲームごとのフレームレート性能については、Apex LegendsではFullHDだと1660Superでも1660Tiでも性能差が出ません。

コア数が多い1660Tiでも100fps程度です。1660Superでも同じく100fpsです。FullHD程度のピクセル数ではコア数が増えたところで並列計算するだけの演算数がそもそも少ないため1660Tiでも1660Superでも性能が変わりません。

Apex Legendsで1440pだと差が付きます。1660Tiは80fpsで、1660Superでは70fpsになります。

これは解像度が高いことでピクセル数のぶんだけ演算量が増えただけの要因ではなく、Apex Legendsは狭い範囲に多くのオブジェクトが存在しているため視野範囲内で描画すべきオブジェクト数が多いためです。

 

一方でPUBGだとFullHDでも1440pでも、1660Superと1660Tiの間でフレームレート性能に差が付きません。

FullHDの場合、1660Tiであってもフレームレートは80fpsです。1660Superも同じく80fpsです。

解像度が1440pの場合、PUBGにおけるフレームレートは1660Super,1660Tiともに55fpsとなり60fpsを割り込んでしまいます。

解像度を引き上げるとピクセル数だけ計算量は当然増えます。しかしピクセル数の増加だけではコア数の多さを使いきれず、1660Superよりも1660Tiのほうがコア数が多いのにもかかわらず性能向上が全くスケールしていません。

クロック周波数が低くなってもCUDA Coreを多くして並列計算を重視するなら1660Tiが上です。一方で、CUDA Core数が減ってもクロック周波数が高くしてCUDA Coreあたりの性能の高さを重視するなら1660 Superが上です。

1位: ASUS

・ASUS TUF 3-GTX1660S-O6G-GAMING

2019年10月発売。2.7スロット占有(55mm厚)。全長264mm。高さ130mm。ブーストクロック1,860MHz。ファン×3。補助電源8ピン×1。出力端子Displayport1.4×1、HDMI2.0b×1、DVI-D×1

大した消費電力にならない1660Superで3連ファンかつ2.7スロット占有は冷却機構が過大すぎるが、ファンを低速にできるため静音性の確保という点では有意義なグラボ。ファン×1のMini ITXサイズモデルとブーストクロック値が大差ないため、静音性を気にしないならMini ITXサイズモデルも選択肢に入る。

・ASUS PH-GTX1660S-O6G

2019年10月発売。2スロット占有(39mm厚)。全長174mm。高さ121mm。ブーストクロック1,830MHz。ファン×1。補助電源8ピン×1。出力端子Displayport1.4×1、HDMI2.0b×1、DVI-D×1