おすすめGeForce GTX 1650搭載グラボの性能比較 1世代前の1050Tiを19%上回るゲーミング性能 補助電源不要のTDP75WでもRadeon RX 570(150W)と性能が互角

2019年4月にリリースされたGeForce GTX 1650は「補助電源不要のTDP75Wの範囲内でできるだけ性能を高くする」をコンセプトとしたGPUです。

しかしMSIの製品のように、中には6ピン×1のPCIe補助電源が必要なレベルまでオーバークロックしたグラボも販売されています。

このGPUより1ランク上のGPUがGTX1660無印ですが、1660では玄人志向の製品を除いてすべて8ピン×1が必要です。

こういったことを踏まえると、補助電源なしの1650の次が一つ飛んで補助電源8ピン×1の1660無印では座りが悪いので、原則として補助電源不要とされているGTX1650に6ピン×1搭載モデルをリリースしておきたいメーカーの事情は理解できます。

また、TDP75Wは2スロット専有(40mm以下)の厚さの範囲内でファンレス仕様にできるギリギリの発熱量です。台湾Palit社からはGTX750Tiから1050Tiまで毎回のようにファンレスタイプのグラボがリリースされています。

このGTX1650はTDP75Wなのでファン×1でも十分ですが、各メーカからはファン×2のタイプとファン×1のタイプがそれぞれリリースされています。当然ながらファン×2のグラボのほうがより高い動作周波数までオーバークロックされています。

ゲーミング性能はRadeon RX 570と互角程度です。GTX1650はコア数が少ない分だけ動作周波数が高めなので、少ないオブジェクトを高フレームで描画するゲームに向いています。

1世代前のPascal世代GTX1050TiではDisplayport×1、HDMI×1、DVI-D×1の3端子品でした。今回のTuring世代1650でも基本的にその端子を継承しています。しかしMSIのオーバークロックモデルのようにDisplayport×2、HDMI×1のようにDVI-D端子が搭載されていないグラボも存在します。DVI-D端子は既に過去の遺物なのでDVI-Dを搭載していないグラボを私は評価しているのですが、古いディスプレイで使えるようにあえてDVI-D搭載グラボを探している人は要注意です。

1位 ASUS

・ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMING

2019年5月発売。2スロット占有未満のサイズで厚さ38.4mm。全長242mm。ブーストクロック1,860MHz。ファン×2。補助電源6ピン×1

・DUAL-GTX1650-O4G

2019年4月発売。2スロット占有で37mm厚。40mmにしっかり収まっているため隣のカードと干渉しない。全長204mm。ブーストクロック1,755MHz。ファン×2

・PH-GTX1650-O4G

2019年4月発売。2スロット占有。38mm厚。全長190mmでファン×1モデルにしては大型。ブーストクロック1,710MHz。ファン×1

2位 MSI

・GeForce GTX 1650 4GT LP(VD6989)

2スロット占有(37mm厚)。全長168mm。高さ105mm。ブーストクロック1,665MHz。小型ファン×2。補助電源無し。出力端子HDMI2.0b×1、DVI-D×1

バックプレート無しのため40mm厚の2スロット占有規格にしっかり収まっている。

公称では高さ105mmとなっていてLowProfile規格をオーバーしているがこれは接続端子よりも下にはみ出ているブラケット下方向の長さも含めてしまっているため。全長168mmでMini ITXマザーボードサイズに収まっているのはメリット。

しかしディスプレイ出力端子が2つしかなくトリプルディスプレイにできないのが大きなデメリット。デイジーチェーンにも非対応なようなので最大画面数は2。

・GeForce GTX 1650 GAMING X 4G(VD6935)

2019年4月発売。2スロット占有。厚さ39mm。全長245mm。ブーストクロック1,860MHz。消費電力85W。補助電源6ピン×1コネクタを搭載している点に注意。

このグラボはDisplayport×2、HDMI×1を搭載していることが非常に高く評価できます。他のグラボはDVI-D端子を搭載しているものがほとんどですが、このグラボはDVI-D端子がありません。古いモニタを使っている人だとむしろDVI-D端子を搭載しているグラボを高く評価する傾向にありますが、USB Type C端子を搭載しているような最新モニタの場合はDisplayportをいかに多く搭載しているかが重要です。

・GeForce GTX 1650 AERO ITX 4G OC(VD6936)

2019年4月発売。2スロット占有。厚さ38mm。全長170mmなので丁度Mini ITXマザーボードに収まるサイズ。ブーストクロック1,740MHzでファン×2モデルよりは低め。ファン×1。DVI-D端子搭載

3位 GIGABYTE

・GV-N1650OC-4GD

2019年4月発売。2スロット占有。厚さ36mm。全長191mmでファン×2にしては小型。ブーストクロック1710MHz。このグラボの出力端子はDisplayport×1、HDMI×2で、DVI-D端子が搭載されていない。DVI-D端子が搭載されていない点は評価できるが、その代わりがHDMIなのが微妙。Displayport×2、HDMI×1になっているMSIグラボのほうが上位。

・GV-N1650IXOC-4GD

2019年4月発売。2スロット占有。厚さ36mm。全長152mmなのでMini ITXマザーボードに余裕で収まるタイプ。ブーストクロック1,680MHz。オーバークロック無しのリファレンスモデルのブーストクロックが1665MHzなので若干高くしてある程度。このグラボもDVI-D端子を搭載せずDisplayport×1、HDMI×2になっているのは評価できる。

4位 玄人志向

・GF-GTX1650-E4GB/OC/DF

2019年4月発売。2スロット占有。厚さ33mm。ファン×2なのに全長たった181mmなのはいつもの玄人志向らしいコンパクト性。ブーストクロック1,680MHzで低め。厚さがたった33mmしかないので冷却性が低く動作周波数も低い。ファンは8cmタイプなので9cmファンを2基搭載したグラボや、9cm+10cmファンを搭載したものより騒音値が大きい。出力端子はDVI-D搭載。

5位 ZOTAC

・ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC ZT-T16500F-10L(ZTGTX1650-4GBOC) VD6937

2019年4月発売。2スロット占有。厚さ38.8mm。全長151mmしかなく玄人志向のグラボよりコンパクト。ブーストクロック1,695MHz。9cmファン×1。DVI-D端子搭載

6位 Palit

・NE51650S06G1-1170F (GeForce GTX1650 STORMX OC 4GB)

このグラボで何よりも注意すべきなのがトリプルディスプレイ表示できずデュアルディスプレイまでだということ。HDMI×1、DVI-D×1端子のみ。GTX1650GPUは3画面表示可能にもかかわらずグラボの仕様制約で2画面までになってしまっているのは非常にもったいない。全長が非常に短く1650グラボの中では最短なのがほぼ唯一のメリット。厚さが40mmもあるので場合によっては隣のボードと干渉する。

2スロット占有。40mm厚。全長145mm。ブーストクロック1,725MHz。ファン×1