おすすめGeForce GTX 1080Ti搭載グラボの性能比較 RTX2070をゲーム性能で上回る

GTX1080TIは3,584コア搭載し、単精度浮動小数点演算能力は10.8TFlops、倍精度浮動小数点演算能力は0.36TFlopsです。定格のTDPは250Wですが、オーバークロックモデルだとこれより消費電力が上昇します。中には400W台のものもあります。

この1080Tiは2018年春に発売されたTuring(チューリング)世代の2080と2070登場と同時に品薄になりました。

1080Tiを高値で購入するくらいならRTX2080がおすすめです。

この1080TiはQuadro GP100と「単精度」浮動小数点演算能力はほぼ同じです。同じPascalアーキテクチャを採用しています。Quadro GP100が10TFlopsで、1080Tiが10.8TFlopsですから若干こちらの方がゲーム用途性能は高いです。

この1080TiはQuadro GP100から「倍精度」浮動小数点演算能力を完全に削ぎ落としたバージョンと考えることもできます。ゲームでも深層学習においても倍精度より単精度の方が重要なのでその点でも1080Tiはメリットがあります。

またNIVIDIA Titan XとCUDA Coreの数が3,584コアと全く同数であることにも注目です。にもかかわらず性能は若干1080Tiの方がTitanXより上回っています。

この理由は1080Tiでは動作周波数を1.480GHzにして、TitanXの1.417GHzよりも若干引き上げたことにあります。

動作周波数を引き上げることは難しいです。動作周波数をx倍にすると消費電力はxの二乗倍になってしまいます。1080TiとTitanXのTDPがともに250Wであることにも注目です。つまり1080TiはTitanXよりも動作周波数を引き上げたのにも関わらず消費電力は増えていません。これは1080Tiが半導体チップ設計の改善により低消費電力化に成功したことを意味します。

最近のプロセッサは消費電力がまず先に制約としてのしかかります。その消費電力の制約下の中で、コアの数と動作周波数のせめぎあいの中トレードオフで設計していくわけです。TitanXが発売されたのが2016年8月。1080Tiが発表されたのは2017年3月ですから、この1年間の技術的進歩で動作周波数を0.063GHz引き上げたことになります。このたった0.063GHz引き上げるだけでもNVIDIAは1年間大きな苦労をしているわけです。

ゲーム用や深層学習でしか使わないのなら、Quadro GP100の1/10ほどの価格で買えそうなこちらの方が明らかにお得です。

GeForce GTX 1080Tiで実行した各ゲームごとのフレームレートベンチマークを掲載します。

 このベンチマークは1080pのフルHD解像度で最高画質設定も低画質設定も含めた平均値なので、PUBGのフレームレートが103程度に留まっています。画質設定を低くすればPUBGでも120程度のフレームレートが出ます。このようにしてみると全体的にRTX2080無印のほうが性能が上です。現在GTX1080Tiを持っているのなら積極的にRTX2080に乗り換える必要はないでしょうが、持っていないというのなら今からGTX1080Tiを買うよりはRTX2080無印を選んだほうがいいです。

インデックス:

1位 ELSA(エルザジャパン)

・ELSA GeForce GTX 1080 Ti 11GB S.A.C GD1080-11GERTS 11GB

2017年6月発売。ファン×2。

・ELSA GeForce GTX 1080Ti Founders Edition GD1080-11GERT 11GB

2017年3月発売。

2位 ASUS(台湾)

・ROG-POSEIDON-GTX1080TI-P11G-GAMING 11GB

2017年6月発売。DIY水冷ヘッド搭載済み。空冷ファンが2つ付いており、水冷にせず空冷のみで使用もできる。

・ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING 11GB

2017年4月発売。2.5スロット占有(52.5mm厚)。全長298mm。ブーストクロック1,708MHz。ファン×3。補助電源8ピン×2。出力端子Displayport1.4×2、HMDI2.0b×2、DVI-D×1

・ROG-STRIX-GTX1080TI-11G-GAMING 11GB

上記モデルより動作周波数が低いもの。ファンx3

・TURBO-GTX1080TI-11G

2017年4月発売。シロッコファンx1。

・GTX1080TI-FE 11GB

2017年3月発売。ファンx1。Founders Edition。

3位 MSI(台湾)

・GTX 1080 Ti LIGHTNING X 11GB

2017年7月発売。ファンx3。ヒートシンクが強力になっておりオーバークロック耐性が高い

・GTX 1080 Ti DUKE 11G OC 11GB

2017年5月発売。ファンx3。これのオーバークロック無しモデルもある

・GTX 1080 Ti SEA HAWK X 11GB

2017年4月発売。水冷ユニット搭載。シロッコファンx1+水冷ラジエータファンx1。

・GTX 1080 Ti AERO 11G OC 11GB

2017年4月発売。シロッコファンx1。

・GTX 1080 Ti GAMING X 11G 11GB

2017年4月発売。ファンx2。ARMORより上位。

・GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC 11GB

2017年4月発売。ファンx2。GAMINGより下位。

・GTX 1080 Ti Founders Edition 11GB

2017年3月発売。Founders Edition。

4位 GIGABYTE(台湾)

・AORUS GV-N108TAORUS X W-11GD 11GB

2017年7月発売。簡易水冷一体型モデル。1080Tiで簡単に水冷を導入できるためおすすめ

・AORUS GV-N108TAORUS X WB-11GD 11GB

2017年7月発売。各自でDIY水冷を組むタイプ

・GV-N108TGAMING OC-11GD 11GB

2017年4月発売。ファンx3オーバークロック済み。

・GV-N108TAORUS X-11GD 11GB

2017年3月発売。ファンx3。オーバークロック無し。

・GV-N108TD5X-B 11GB

2017年3月発売。Foundation Edition。

5位 玄人志向

・GALAKURO GK-GTX1080Ti-E11GB/WHITE

2017年8月発売。ファンx2

・GF-GTX1080Ti-E11GB/OC/DF 11GB

2017年4月発売。ファンx2。

・GF-GTX1080Ti-E11GB/FE 11GB

2017年3月発売。Foundation Edition。

6位 ZOTAC(香港)

・ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti Mini ZT-P10810G-10P 11GB

2017年7月発売。ファンx2。全長21cmの短いタイプだが厚さは2スロット占有

・ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme ZT-P10810C-10P 11GB

2017年4月発売。ファンx3。

・ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme Core Edition ZT-P10810F-10P 11GB

2017年6月発売。上記モデルの下位モデルで動作周波数が少し低い。ファンx3

・ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Edition ZT-P10810D-10P 11GB

2017年4月発売。ファンx2。

・ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti Blower ZT-P10810B-10P 11GB

2017年4月発売。シロッコファンx1。

・ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti ArcticStorm ZT-P10810E-30P 11GB

2017年6月発売。DIY水冷用のウォーターブロック付。簡易水冷タイプではないのに注意

・ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition ZT-P10810A-10P 11GB

2017年3月発売。シロッコファンx1。Founders Edition。

7位 Palit(台湾)

日本国内ではドスパラでのみ購入できます。

・NEB108TH15LC-1020G (GeForce GTX 1080 Ti 11GB GameRock Premium)

2017年5月発売。Palitの1080Tiの中では最上位モデル。クロック周波数はオーバークロック時:1594MHz、ゲーミングモード時:1556MHz/サイレントモード時:1518MHz。ファンx2。

・NEB108TT15LC-1020G (GeForce GTX 1080 Ti 11GB GameRock)

2017年5月発売。上記のGameRockPremiumより一段下位。GameRockPremiumよりもクロック周波数が少し低くなっている。ファンx2。

・NEB108TS15LC-1020J (GeForce GTX 1080 Ti 11GB Super JetStream)

2017年5月発売。オーバークロック済みでありJetStreamより動作周波数が高い。ファンx2。

・NEB108T015LC-1020J (GeForce GTX 1080 Ti 11GB JetStream)

2017年5月発売。オーバークロックされていないモデル。ファンx2。

・NEB108T019LC-PG611F (GeForce GTX1080Ti Founders Edition 11GB)

2017年3月発売。Founders Edition。

8位 Manli(香港)

・Gallardo M-NGTX1080TIG/5RIHPPP 11GB

2017年5月発売。ファンx3。

・M-NGTX1080TI/5RIHPPP 11GB

2017年4月発売。シロッコファンx1。

番外1位 EVGA(米国)

・GeForce GTX 1080 Ti FOUNDERS EDITION 11G-P4-6390-KR 11GB

2017年3月発売。Founders Edition。

番外 GALAXY(香港)

・GALAX GF PGTX1080TI/11GD5

2017年3月発売。Founders Edition。

番外 PNY(米国)

・PNY GeForce GTX 1080 Ti 11GB Founders Edition (VCGGTX1080T11PB-FE)

2017年3月発売。Founders Edition。