パソコンのフリーズ、USB接続が切れるといった不具合は大抵メモリが原因

スポンサーリンク

パソコンが不安定になっているときは大抵メモリが原因です。

ブルースクリーンになるわけではなく、画面が映ったまま一切の動作を停止してしまうものです。キーボードもマウスも効かず、ドライブの読み書き動作もありません。

ブルースクリーンになるのはメモリが原因というのはネット上で多く情報が出てきますが、画面が映ったまま動作を停止するパターンはほとんど情報が出ていません。

具体的な症状としては外付けHDDをUSBで2台接続していると2台目の接続が頻繁に切れる不具合です。これは何もファイルを読み書きしていないときは起きないのですが、大量のデータを移動させるときなどに起きます。

これは両方ともUSB3.0として接続しているときに起きることがあります。

そして延長ケーブルで無理やり2.0として接続してやると不具合が起きません。

外付けHDDなどのUSBは仮想メモリ空間のアドレスにマッピングされています。そして仮想メモリ空間が物理メモリにマッピングされているのがコンピュータの仕組みです。

USB3.0を2台接続していると不具合が生じたのは、USB3.0のメモリ空間のうち不具合のあるメモリアドレスにアクセスしてしまったからでしょう。

そしてUSB2.0にすると不具合が出なかったのはUSB2.0と3.0でマッピングされているメモリアドレスが異なるからだと考えられます。

というわけで読み書きをし始めると頻繁にUSBが切断されてしまう不具合があったり、画面が映ったままマウスもキーボードも効かないフリーズになってしまう人はメモリを疑ってみたほうがいいです。

できればメモリは最低でもCFD、できればCorsair以上がおすすめです。

スポンサーリンク