入門C言語 新装版


C言語を勉強したいけど何か一冊おすすめは、と訊かれたらこれを薦めています。私は最初この本で勉強したからです。人によって最初にプログラミング言語を習得したときの本は違います。一度習得してしまうと、初学者の立場になって本を評価することは難しいことです。なので実際に、私がC言語のことを何も知らなかったときに読んだ本として、この本を薦めています。


この本は2巻で構成されており、入門編と実習編です。この入門編は、文字列や配列のあ使い方を扱っています。文字列についてしっかり理解できている人は意外といません。文字コードの’0’と、数値としての”の違いもわかっていない人を見ます。このような場合は基礎ができていないので、この本を読んでいればそういう思い違いもしないでしょう。配列についても、メモリ上どのように並ぶか説明されています。物理メモリでどのように表現されるか、そこまでしっかり解説されているのが良いですし、何よりC言語の特徴はハードウェアを意識できるところです。高度に抽象化されたC#やJavaでは学べないものを学ぶことができます。